この冬はチアショッピングでエコアクション!

ぐっと気温が下がりいよいよ冬本番、年末が近づいてきました。

この時期は贈り物を渡す機会も多く感謝の気持ちを伝えやすい時期ですね。

いつも年末に届くWWF(世界自然保護基金)の1年間の活動報告書を読んで、正直すごくショックで愕然としました。地球の環境破壊や温暖化がすすみ、野生動物達にとって地球の状況は酷くなる一方。さらに、人々が利益を優先して自然を壊し続け、今でも動物の牙などを装飾品等として扱い簡単に命を奪っていることを知りました。

私は年末の時期に自分へのクリスマスプレゼントとして、自分へご褒美を送るのですが迷わずWWFへの寄付増額を決断しました。小さな額なのですが、私ができることを選択していこうと思います。

少し前に環境省森里川海アンバサダーのプロジェクトメンバーで簡単に始められるエコアクションに名前をつけて「 #わたしと地球にやさしい暮らしのヒント」としてまとめました。

その中の一つのアクションがこちら!

#チアショッピング です。

今回私は自分へのクリスマスプレゼントは環境保護への寄付を選びましたが、誰かに贈り物を選ぶときは、買い物の背景でどんな人が関わっているのか意識したいと思っています。

ただ値段を見ただけでは、その物にかけられた時間や、環境への配慮などは見えてきません。

値段以外のモノサシで見たとき生産者の思いや、本当の物の価値がみえてきます。

贈り物に選んだのは、インドの手紡ぎの糸で織られたカディと呼ばれるタオル。

「カディはただの布ではない思想である」とかつてマハトマ・ガンディーは言いました。

機械織りではなく手間と時間をかけて織られたカディ、買うことでインドの生産者さんを支えることにも繋がります。

たのしく支えるそれが「#チアショッピング」が生む喜びの循環です。

そしてたくさんの喜びが世界中にあふれますように!