香りが秘めている魔法の力を使おう

春先、朝日とともに立ちこめる力強いジャスミンの香りが、私は大好きです。

切りたてのグレープフルーツから広がる、弾けるような爽やかな香りや、森のなかを歩いた時に包まれる草の香りは、それぞれ心に与える作用が明らかに違います。

 

素敵な香りは、私たちを豊かな気持ちにしてくれる。

そして香りにはそれぞれ意味や特徴があり、それはまるで魔法のように多岐にわたります。

 

アロマテラピーやアロママッサージなど、アロマという言葉をよく耳にしますよね。

アロマの意味は「芳香・香り」という意味をもち、語源はギリシャ語の『香草・香辛料』。植物が発する香りを表します。天然の香りだからこそ、植物の魔法の力を発揮してくれます。

 

 

自然のなかで香りに包まれるのもいいですが、もっと手軽に取り入れる方法があるのでいくつか紹介します。

 

・アロマオイルを使う

植物から採れる香りをとじこめたオイルをエッセンシャルオイル(精油)と呼びます。

香りの効果と抗菌作用も期待でき、お掃除やマッサージ、芳香、幅広く使えます。

 

・アロマ効果のある化粧水やクリーム、リップを使う

肌につけるものなので質の高いオーガニックのアロマ成分をチョイスしたいところですね。

アロマ効果を期待するなら、天然香料がちゃんと使用されているかチェックするのもポイント!

よく使うハンドクリームやボディクリーム、口元に使うリップクリームは、特に嗅覚を刺激するのでお気に入りの香りを見つけたいですね。

 

・アロマキャンドルをたく

あらかじめキャンドルを作る際に、精油を混ぜたキャンドルが売られています。

ピンときた香りを選ぶのがオススメ。

 

・お風呂に入れる

お風呂にアロマオイルをたらして入浴したり、ヨモギやハーブ、ゆずなど、そのまま湯船に入れてハーブバス・アロマバスもオススメです。

 

香りに意識を向けて生活をし始めてから、ライフスタイルが豊かになりました。

シーンに合わせて香りを変えると、気分がガラリと変化します。

まさに香りは魔法の力です!