笑えるくらいごっそり落ちる!酸素系クリーナーで洗濯槽がピカピカに!

夏は、洗濯物をするのが気持ちの良いシーズンですね。

ところで、みなさんは洗濯機を「洗濯」していますか?最近ではいつしましたか?

 

洗濯槽の汚れは見えないので、つい忘れがちです。梅雨のジメジメを乗り越え、夏の汗ばんだ洗濯物を洗ってフル回転した洗濯機は、今がまさに掃除どきです。

 

私のオススメは「パックスナチュロン洗濯槽&排水パイプクリーナー」です。初めて使った時は本当に衝撃でした。洗濯槽から汚れが浮き出てくるんですが…それを見て、『あれ?わたし、ワカメを洗っちゃったかな?』と思うほど、汚れがごっそりはがれ落ちてきたんです。

 

洗濯槽のクリーニングをする際に用意する物は、上の写真の通り「パックスナチュロン洗濯槽&排水パイプクリーナー」と、ゴミ取りネットです。

このクリーナーは地球にやさしい成分でできていて、発泡力で汚れを剥がしてくれるのですが、本当に効果抜群なんです。泡がとても勢い良く出るので、まるで泡が生きてるみたいなんです!せっかくなのでクリーナーちゃんと名付け、袋にいたずら書きをしてみました!がんばれ、クリーナーちゃん!

さぁでは早速、始めましょう!

洗濯槽クリーニングの手順

1、高水位までぬるま湯(30~40℃)を張り、クリーナーを1袋入れて3〜4分運転し、溶かしてそのまま約3時間〜6時間放置します。

2、そのままの状態から、標準コースで運転します。使用後、槽内に汚れが残る場合はさらに標準コースで1〜2回すすいでください。

と説明書にはあります!

お恥ずかしいのですが、回し始めて10分程度で出てきた汚れをご覧ください!

これが洗濯槽から出てきた汚れです!この後、「洗い」を2~3分回し、停止させてからゴミ取りネットですくい取る…を2回繰り返したら、もっと出てきました…。

洗濯機もピカピカになり、お掃除した後の洗濯ものは石けんの良い香りがしました!

 

お掃除した後の排水は地球にも優しく、さらにパイプも綺麗になるので一石二鳥!

お持ちの洗濯機によって使い方も異なるので、取扱い説明書は良く読んでくださいね。

(※満水に水がはれないのでドラム式洗濯機にはオススメしていませんが、ネットなどで調べるとドラム式でも利用している人はいるようです。ご自身の責任で行ってください。)