紫外線対策!ナチュラルな日焼け止めを見分けるポイントはここ!

先日、初めてハワイに行ってきました!ハワイって、本当にすごくあったかいんですね。行って体感してみないとわからないものです。一年中夏というのは大変魅力的なんですが、1時間歩いていただけなのに、あっという間に真っ黒になりました…。
ビーチでのんびりって、うっかり日焼け止めを塗り忘れると、やけどのようになってしまいますね。

日焼け止めには2種類ある!

みなさんは普段、どんな「日焼け止め」を使っていますか?
「日焼け止め」は大きく2種類に分けられます!

1つはケミカル系の日焼け止め、もう1つはナチュラル系の日焼け止めです。

その違いは

  • ケミカル系 … 紫外線吸収剤を使用
  • ナチュラル系 … 紫外線散乱剤を使用

です。

ケミカル系に使われている紫外線吸収剤は、紫外線を防ぐ力は強いんですが、その分肌への刺激も強く、肌荒れを起こす方も。また、石鹸だけでは落ちないものも多く、クレンジングが必要になり、肌への負担は比較的大きいかもしれません。

ナチュラル系の日焼け止めの特徴は、なんといっても肌に優しいところ!
石鹸で洗い流せて、肌への刺激も少ないのでお子様にもおすすめです。
毎日、長時間使うものだからこそ、肌負担を抑えたいですもんね。

どうしても、長時間の炎天下、日焼けが心配でケミカル系の日焼け止めに頼りたい…。
そんな場合は、下地としてナチュラル系の日焼け止めを塗るのが裏ワザ!
肌に優しい2重バリアの紫外線対策、ぜひ試してみてくださいね。

日焼け止めの見分け方、成分表のコレをチェック!

さて、ではこのナチュラル系の日焼け止め、商品の成分表のどこを見ればわかるの?というわけで、ここに私がお化粧の下地としても使っているパックスナチュロンのUVクリームがあるので、その成分表を見てみることにしました。

〈成分〉
水・グリセリン・カリ石鹸素地、酸化チタン、スクワラン、エタノール、ローズ水、シリカ、シア脂、タルク、カミレツ花エキス、カワラヨモギ花エキス、ヒノキチオール

ここに注目!→「酸化チタン」が使われていますね!これが紫外線散乱剤です。
他にも、パックスナチュロンのUVクリームには入っていませんが、「酸化亜鉛」なども紫外線散乱剤です。

さすがパックス、ナチュラル系で安心しました!もちろん全天然由来で、合成界面活性剤も入っていない!オールナチュラルですね!
さらに天然由来の保湿成分もたくさん入っています。例えば、シア脂。これってシアバターですよね。あとローズ水。これはローズウォーターですね。こういうところも嬉しい!

地球にも優しい日焼け止め選びを。

ちなみに私は、ナチュラル系の日焼け止めしか使いません。
その理由は徹底して、地球に有害になるかもしれないものを流したくないからです。

ケミカル系の日焼け止めは深刻な水質汚染につながり、地球環境に悪影響を及ぼすとも言われています。
自分の肌を守るために、お水を汚してしまったり、海の動物たちを傷つけるようなことを、私はしたくありません。なので、私は海に行く時などでもナチュラル系の日焼け止めをつけるようにしています。

地球にも肌にも、優しいものを使っていきたいものですね。