季節の変わり目で使い分けたい化粧水の話

今年の桜もきれいでしたね〜、ようやく暖かくなってきました。

春は体に溜め込んだ毒素を排出する季節と言われています。

季節によって肌のコンディションが違うからこそ、化粧水の使い分けがオススメなんです。

でも化粧水を切り替えるのって実は勇気がいるんですよね。

そんな時は同じ基礎化粧品のシリーズの中から、化粧水を選ぶのが便利です!

 

実は私、冬と夏で使う化粧水を変えています!

同じブランドのシリーズの中で化粧水を使い分ければ、成分が大きく変わるわけではないので、化粧水を切り替えたときのストレスが少ないのが何より嬉しいことです!

季節によって化粧水の使い分けをする理由は、ズバリ保湿力の違いです。

 

乾燥しやすい季節は保湿力の高い化粧水!

素肌レシピ フレッシュスキンウォーター(しっとりもち肌)」は、つけた瞬間、手が顔に吸いつくくらいしっとりしています。洗顔後の肌が乾燥しやすい季節でも、うるおいバリアを作ってくれます。しっとり弾力のあるハリ肌感もたまりません。冬や花粉の季節は肌が乾燥しやすいので、保湿力の高い化粧水を使い肌荒れを予防しています。

 

汗をかきやすい季節にはキメを整えてくれる化粧水!

素肌レシピ フレッシュスキンウォーター(さらりうる肌)」は、ベタつかずサラッとした軽い使い心地で、汗をかきやすい季節にオススメです。サラッとしながらも、肌にすっとなじみ、みずみずしいうるおい肌をキープしてくれます。お風呂上がりの火照った肌には、化粧水を冷蔵庫で冷やしてからお顔につけて毛穴を引き締めています。毛穴が広がりがちな夏の季節にオススメです。

 

どちらの化粧水もネロリの香りに癒されながらケアが出来ます。

季節によって化粧水を切り替えて本当によかった点は、1年をとおして安定した肌コンディションを保てるようになったことです。

どの季節ももち肌ハッピーに楽しみたいですね!