本当に髪を守りたいなら。はじめよう“ホリスティック”ヘアケア

髪、大切にしていますか?

髪は不思議な力が宿るものとして、昔から信じられてきたそうです。

侍がちょんまげを結っていたのは、いち早く敵の気配を感じ取るためだとか、
ネイティブアメリカンが男性も女性も髪を伸ばしていたのは、髪の毛が第六感を捉えるものだと考えていたためだと言われています。

髪の毛は現代人にとってファッションや自己表現として今でも大切な体の一部分です。
なので、髪はとっても大事!そして髪のケアはとっても大切なんですね。

今回は、オーガニックな天然由来のものだけでできる、“ホリスティック”なヘアケアをお伝えします。

髪のパワーは内側から!ヘアケアのポイントは“ホリスティック”

ホリスティックとは、「全体的」とか「総合的」と言う意味です。
人間は、血管や皮膚、臓器、骨といった、たくさんの組織からなり、何かひとつを変えたからといって、そこがピンポイントで変化するわけではありません。
全体的なバランスをとっていくことが大事だと思います。

ナチュラルなもので全体的に体に働きかけることによって、眠っている細胞を呼び起こして体の機能が上げていくのが理想です。

ここでは、植物由来のナチュラルな3つのヘアケアをご紹介します。

1.頭皮マッサージで保湿ケアと血行促進!

実は頭皮ってかなり日焼けしているんです。
日焼けをした頭皮は乾燥し、フケの原因になることもあるとか。
髪の状態は、頭皮の健康状態に大きく左右されるので、頭皮のケアも髪にとって重要ですよ。

そして頭皮ケアに大事なのは、「保湿」と「血行促進」!

ユーカリオイルやペパーミントを数滴ホホバオイルなどに混ぜて、頭皮をマッサージし血行促進&保湿ケアを同時に行うと、とても気持ちがいいんです。

私は今年の夏、ホホバオイルにユーカリとペパーミントの精油を入れたヘアオイルを作って使うことにしました!トップの写真がそれです。夏はよく汗をかきますが、すっきりリフレッシュできてとても気持ちいいですよ♪

2.天然オイルでキューティクルをコーティング!

さらに、キューティクルをコーティングすることが大事!

紫外線が髪に当たると、キューティクル接着剤となる成分にダメージを与えてキューティクルを壊してしまいます。そして剥がれたキューティクルに紫外線や熱、摩擦などの刺激がさらに加わると、髪はますます傷んでしまうんですって…。
また、キューティクルが壊れると、髪のタンパク質や脂質がシャンプーのたびに流れ出やすくなるので、パサつきやごわつきが感じられることも。

そこで、キューティクルをオイルでコーティングするのがおすすめ!
マカデミアナッツオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル、アボカドオイルなどが有効なオイルです。こんな風にキューティクルをコーティングしてくれる成分や、髪に良いと言われているビタミンEとオレイン酸が多いオイルでキューティクルを守り、髪のダメージを減らしてサラサラ髪になりましょう。

3.髪にいいものを食べてダメージに負けない!

元気でツヤツヤな髪は体の内側からも保っていくのがおすすめです。

髪にはワカメや昆布がイイというのは有名ですが、それよりも髪そのものを生成する良質なタンパク質とコラーゲンをとると、ツヤのある髪になると言われていますし、緑黄色野菜などに含まれるビタミンA、C、E、Fは細胞分裂を助けて頭皮のコンディションを上げてくれるそうです。
また、鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルはタンパク質の合成などを担う重要な栄養素です。さらにミネラルを摂取したい人にはたんぱく質とミネラルがバランスよく含まれるヘンプシードもおすすめです。

ホリスティックヘアケアで夏を快適に!

さぁ、ピクニックやキャンプにビーチ、太陽の下で過ごすのが気持ちいいシーズンが到来しました!
ナチュラルなヘアケアは、

  1. 頭皮マッサージで保湿と血行促進
  2. 天然オイルでキューティクルをコーティングして紫外線にバリアを作る!
  3. 意識的にタンパク質・コラーゲン・ミネラル・ビタミンを含む食事を心がけ内側から髪の健康を作る

この夏は私もホリスティックにチャレンジしてみまーす!